COACH コーチ シグネチャーウエストバッグ Sサイズ F84711

イヤーカフ レディース 小さめ 片耳用 イヤカフ 軟骨 はさむ 10金 エメラルド イヤリング

今季ブランド ブロック 化粧 重量 ブロック PCB50C 50 のみ 替刃 カッター ドライモンドコア 用 ブロック 乾式 ミヤナガ セメント 配管工事 エアコン 振動、コアドリル

僕のメルマガ 内祝い 内祝 お返し 今治タオル 今治 タオルケット シングル ギフト 今治纏布 ジャカードタオルケット ピンク TP10181 PI (10) は、の話題を取り上げているんですが、先日は宇宙飛行開発のニュースを取り上げました。

というトピックでしたが、
火星への宇宙飛行開発に一番欠けているのは、
信念 the will

熱意 
だとニュースの中で語られていました。

それは、何と比較して信念や熱意が足りないかというと、あのケネディ大統領時代の月へのアポロ計画と比べてなんですね。
国民全体がその熱意 を共有していたんでしょう。だからある意味 絶対無理と思えた目標を達成できた。
もちろん、時代背景が今とは違うので単純には比べられないけど、いずれにしてもケネディ大統領のリーダーとしての卓越したメッセージ力は、見習うべきところがたくさんあるんじゃないかな。

ということで、メルマガに続きケネディ大統領の演説をチェックしてみたいと思います。

ライス大学でケネディが行った演説

宇宙開発の国家目標について、ライス大学でケネディが行った演説から引用します。

  • 10年間
    ~するのに役に立つ
    組織する
    測る、評価する
    延期する
    ~するつもりである

我々は、月に行くことを決めました。我々は、今後10年以内に月に行き、そしてさらなる取り組みを行うことを決めたのは、それが容易だからではありません。それが困難だからです。この目標が、我々のもつ最高の行動力や技術を集結し、それがどれ程かを量るのに役立つからです。その挑戦こそ、我々が受けて立つことを望み、先延ばしすることを望まないものだからなのです。そして、これこそが、我々が勝ち取ろうとするものであり、我々以外にとっても同じものなのです。

マスターフレックス 送液ポンプ用チューブ ノープレン L/S13 1-1973-01/06404-13の中でも
「自由の最大の危機の時に、自由を守る役割をさずけられた世代」として


私はこの責務に対し、ひるんでいません ― むしろ歓迎するものであります。

supreme ウエストバッグ ウエストポーチ 美品

普通だと、困難なことに向き合うと「だめだこりゃ~」とぼやいてオシマイなんですが、、、
「困難だからチャレンジしがいがある」と言い切ることがリーダーとしてとても大切なんですね。
だからこそ「成功させるという信念や熱意が皆に伝わり、不可能と思えた目標を達成することができた」
PS Paul Smith shirts 長袖 シャツ

引用した部分はほんの一部ですが、このライス大学でケネディが行った演説は、以下のサイトで英文や映像を見る事ができます。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ミヤナガ ガルバウッドコア/ポリカッターΦ100X130mm PCGW100C

大人気!! Canal 4℃ 恵をもたらすしずくモチーフネックレス